艇輝念議了崔遍匈 >> 晩囂吉雫 >> 晩囂屈雫絹擬哉孑鏘雫庁亭籾╋

晩囂屈雫絹擬哉孑鏘雫庁亭籾╋

晩豚2014-11-27 10:34:18  栖坿  撞祇

  26 いくら識いだ(  )、書からではgに栽わない。

  1)にもかかわらず 2)ものでも 3)ことで 4)ところで

  27 岑っている(  )、岑らんぶりするなんて、Sせないわ。

  1)くせに 2)ものだから 3)だけあって 4)のをきっかけに

  28 寄僥は怱Iした(  )、祥せずにブラブラしている宀がえている。

  1)ことの 2)わけの  3)はずの 4)ものの

  29 爾しい嚏(  )、サッカ`の栽はAけられた。

  1)にかけて 2)にかかって 3)にもかけず 4)にもかかわらず

  30 脅偏の伏試は、宴旋である(  )、脱しくゆとりのない伏試でもある。

  1)郡x 2)郡中 3)郡t 4)郡返

  31 泳溺は焼をみすぎると、繁朕(  )、日き竃す餘がある。

  1)をかまって 2)をよけて 3)もかまわず 4)もよけず

  32 晩云Zはまだまだですが、まだ(  )、ぜんぜんはなせないわけではないんです。

  1)というより 2)としたら 3)どころか 4)といっても

  33 定h議にはまだ隆撹定である(  )、泳のやったことはあまりにもひどすぎる。

  1)にすれば 2)にされて 3)にして 4)にせよ

  34 たとえIHが郡(  )、ぼくは泳溺とY脂します。

  1)しても 2)するなら 3)すれば 4)するのに

  35 照址が栖てくれた(  )、廁かった。

  1)くせで 2)おかげで 3)うえで 4)ためで

  36 きのう、たくさんまされた(  )、書晩は{徨がい。

Copyright © 2003 - 2014 www.passeasy.net All Rights Reserved 僥膳利井幡侭嗤